トップ > 魚の目治療方法 > 魚の目は、早めに治療

魚の目は、早めに治療

魚の目とはどういうものか、および治療についてお話をしていきます。

魚の目は、足の裏の角質層の一部が円錐状縦方向に異常繁殖してできます。

見た目が魚の目のように見えることから「魚の目(うおのめ)」と呼ばれます。

魚の目は皮膚の奥深くに角質が増殖していくので、タコとは違い痛みを伴ってしまいます。

魚の目は、サンダルやハイヒールを履く女性がなりやすいようです。

足の形に合わない流行の靴を履いたりすることで、同じ場所が繰り返し刺激されることが原因になってしまうんですね。

治療しても足に合わない靴をまた履けば魚の目は再発してしまいます。また外反母趾になることもあるので十分気をつけましょう。

魚の目は自宅で治療することも可能です。患部にサリチル酸をしみこませた薬剤部分を塗り、硬くなった角質をやわらかくしてから取り除くという方法です。

ただし、痛みが強い場合は無理をせず、悪化させないためにも早めに皮膚科の医師に診てもらったほうがいいでしょう。

病院での治療は、手術で芯をしっかり取り除くことが一般的。

魚の目はタコと違って皮膚の奥深くに根があるので、手術でえぐり取らなければならないのです。

最近では美容整形外科、フットケアマッサージのお店でも、魚の目を除去してくれるところがあります。

行く場合、事前に保険がきくかどうかの確認を忘れないようにしましょう。

魚の目治療方法のツボについて

魚の目でお悩みの方に役立つ、魚の目の治療に関する知識をお伝えします。レーザーなどの治療方法や魚の目の予防について。ほかにも治療時の痛みやタコと魚の目の関係など気になる部分をピックアップ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。