トップ > タコと魚の目 > 魚の目やタコの治療

魚の目やタコの治療

魚の目とタコは兄弟みたいなもの。

タコが進行して角質層に芯ができたものが魚の目です。

多くの女性を悩ませている魚の目とタコ。

原因は、足の裏などの特定の部分に過度の圧力がかかることなどでした。

特に女性はヒールの高い靴や、先の尖ったパンプスのように足に負担のかかる靴をよく履く方も多いですから、その場合なりやすいというわけです。

ヒールの高い靴は体重が前にかかるので、足の前の部分に負担がだいぶ集中します。

ですから先の細い靴は同じ場所が継続的に刺激されるので、魚の目やタコになりやすいのです。


魚の目やタコを治すには、一つにはこれらの原因を取り除くことです。

まず足に合わない靴を履くのを止め、正しい歩き方で過度の圧力を軽減させるようにします。

そして、患部は特殊な衝撃吸収材で保護をしてあげます。

足の裏の皮膚は28日ほどで入れ替わるので、これらのことを改善すれば自然に新しい皮膚に交替され、治っていきます。

特にタコの段階では一般的には痛みがないです。

だからといって自分で削ったりせず、原因を排除する方法で自然に治していくのがおすすめというわけです。

それに原因を排除しなければ、治ったとしてもまた再発する可能性が高くなってしまいます。

魚の目はタコと違って痛みを伴いますが、ほとんどの場合この原因を排除する方法で治せるでしょう。

ただし、痛みが強くて我慢できないときはすぐ皮膚科にかかったほうがいいです。

魚の目治療方法のツボについて

魚の目でお悩みの方に役立つ、魚の目の治療に関する知識をお伝えします。レーザーなどの治療方法や魚の目の予防について。ほかにも治療時の痛みやタコと魚の目の関係など気になる部分をピックアップ!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。